法人保険営業で「顧問税理士の反対」などに巻き込まれること無く最速で効果を出す方法と戦略とは?

大人数のセミナーでは身に付かない徹底したサービスと、

実績&ノウハウであなたブランドを創造します


覚えて終わりではありません

法人保険は知識を覚えて終わりではありません

その知識で本当にお客様を守れますか?

法人保険の知識は、さほど難しいものではありません。
ある程度の知識を既にお持ちでいらっしゃるならば、今まで通りの営業を続けることも可能です。
保険会社で教わったように、お客様に紹介依頼をし、新たな見込み客と面談をして法人保険の話を
順序立ててするだけです。

では、わざわざ時間とコストをかけて、弊社に頼るメリットは何か。
それは・・・ 続きを読む



チェック法人保険営業がはじめての方  チェック保険営業で法人企業のご担当の方

このようなことでお悩みはありませんか?

●法人保険の知識を習得したいが、どうすれば良いかわからない

●法人保険はどこから手をつけたら良いかわからない

●マネージャーに相談したら、難しいからスグには無理と断られた

●扱っている生命保険が、お客様にどのように役立つのか全くわからない

●既にお客様が他から提案を受けているのだが、何とかならないだろうか

●似たような保険がある。他の営業マンとの違いをわかってもらいたい

●お客様に提案したら、何だ保険かと言ってあしらわれた

●お客様企業に対して、経費削減の提案ができるようになりたい

●事前に期待していた以上の、営業成績が上がってこない

●新規見込み客開拓の手間を、少しでも減らしたい

●税理士事務所からの紹介や提案が少なく、満足できない




1つでも当てはまる場合はご相談ください

そのほか、法人企業の経理部門の担当者様やお店のオーナー様、さらには事業主様からは、
「生命保険ってよくわからず、どのような効果が見込めるのか理解しにくい部分だから、
たとえ良い保険でも、毎年費用が発生するので、会社自体が保険には消極的。
このままでは、大切な会社が痩せ細ってしまう。何か良い方法はないでしょうか」
など切実なお悩みが寄せられています。

株式会社リサージュ主宰の「法人保険営業の教科書」は法人保険営業マンの応援団です。
初めての法人保険営業から、ビジネスとして勝ち残るための
営業マンのブランディング戦略のご提案までお任せいただけます。

メールフォーム1




ポイント ロゴ
 法人保険の知識を学ぶ際の
注意ポイント


最近では、法人保険営業のコンサルティングを安価で請け負うサイトや、
全額返金を謳うサービスなども目に付きます。

一方で、法人保険の知識を教えるのに高額な料金を設定している
コンサルティング会社などもあります。

しかし、なぜ安価なのか、どうして高額なのか、
デメリットを知らずに、思わぬ高い出費になったという方のお話を
聞くことも少なくありません。

以下によくあるデメリットの事例として紹介します。

デメリット ✕安価で請け負うコンサルティング
 ✕全額返金を謳う会社
 ✕異常に高額なセミナー料金



●安価な料金だから、そもそも依頼者の期待度が高くない

●返金保証を付けているので、クレームになれば返金して終わり

●返金保証を付けているので、クレームにならなかった分は売上になる

●法人保険の知識の乏しい方が受講するので、習得までに時間がかかる

●有名講師が登場するだけで、料金が高額になる場合が多い

●あまり有名でない講師が開催するセミナーと、内容差がほとんどない

●自分の売名が目的で、受講生の理解度に無関心な講師もいる

●講師自らが自分の高額なセミナーに参加するよう、電話で営業してくる


以上を踏まえて、あなたの大切な向上心や時間、コストをかける場合はあとで後悔しないよう
十分に吟味の上、口コミなどで情報を収集して、適切な学習方法をお選びください。



メリット 「法人保険営業の教科書」なら
 法人保険の知識をすべて公開し
 ご提供します


 1 法人保険の知識をHP上にすべて公開します

 2 詳しい説明、理解しやすい表現を心がけています

 3 提案が難しい案件でも対応できるノウハウがあります

 4 保険営業マンの成功を見据え、ブランド創造を支援

 5 士業の先生方の最新のアドバイスをご紹介

 6 必要ならば相続に強い弁護士や会計士をご紹介します

 7 講演専門ではなく、実務専門の士業の先生方と確かな
   ネットワークを広げています




当サイトの特徴

透明性 
 法人保険に必要な知識をすべて公開
 

最低限知らなければならない法人保険の知識はもちろん、
毎年の税制改正で、改定される税法に関する調査や変更点、
さらには、自分ををブランド化するするための方法&戦略も公開します。


専門性 
 多様な手法と豊富なネットワーク
 

法人保険の知識を覚えただけでは、お客様を守ることができません。
実務で保険のオペレーションが出来てはじめて、その効果が発揮されます。

・1年間で年払保険料を2回払う方法
・1年間に1度だけ月払保険料を払う方法
・逓増定期保険のCVのピークを翌年にズラす方法
・保険料を払わずに損金を作る方法
・保険料を次年度から1/5だけ払う方法
・キャッシュを減らさずに損金を作る方法
・キャッシュアウトして資産と損金を同時に計上する方法
・会社のお金を非課税で個人に移す方法

これらは実務で手続きができてはじめて、お客様企業を守ることができるのです。
是非この機会にマスターしてください。


集客 
 マーケティングや集客にも強い
 

ビジネスの出会いでは名刺交換から始まります。つまり名刺は一番最初に手渡す
販促物
なのです。その名刺が大量にどこかに眠っていませんんか?
もしそうだとしたら、非常にもったいないコトです。
名前と連絡先だけしか書いてない名刺に、依頼やオファーが
来るハズがありません。
そう思いませんか???
反応の取れる名刺にするために、今すぐ名刺を取り出して
以下の項目をチェックして下さい。

・お客様が陥る悩み事が書いてありますか?
・ターゲットを絞って呼びかけていますか?
・キャッチコピーは書いてありますか?
・あなたは何のアドバイザーなのか書いてありますか?
・名刺に顔写真が載っていますか?
・お客様の悩み事や共感ポイントが書いてありますか?
・それを解決する方法や提供できるサービスが書いてありますか?
・お客様にどのような行動を取って欲しいか書いてありますか?
・自分のプロフィールは書いてありますか?

以上のことが1つも書かれていない名刺は、お客様が反応しません。
断言します。あなたのお仕事がお客様にどのように役立つかが伝わらないと、
お客様は反応のしようがないのです。
せっかく何かのご縁で名刺交換をした
のですから、交換した名刺から反応を引き出し、オファーが来て保険の提案が
できるようになりたいですね。弊社ではそのような導線づくりをサポートします。


戦略 
 費用対効果の高い営業戦略を提案
 

お客様企業に保険以外で貢献できること。それは売上アップです。
これ以外の話題には経営者は反応しません。財務の専門家や人材紹介の専門家では
経営者の反応はほとんどありません。儲かっている会社ならば財務には税理士という
専門家がいますし、人が必要ならば人材派遣会社に依頼します。
売上アップ以外で保険営業に相談が来ることはほとんどありません。
経営者は優秀な営業マンの営業手法を知りたいのです。ですから、営業や集客の方法を
日頃から体系的にまとめておき、アドバイスできるようにしておく必要があります。




セミナー参加者にこのような評価をいただいています

●剰余金と含み益の違い、失効後の復活の件、自振利用の保険継続、保険の復旧を知らなかったので来て良かったです。

●基本的な部分から丁寧に説明していただき、さらに具体的な提案方法まで説明していただき、大変参考になりました。今後、今回のセミナーをきっかけにして、法人営業をしていきたいと思います。

●非常に経営者の立場にたった説明ばかりで、とても勉強になりました。特に「剰余金」「含み益」という二つの言葉が法人にとっては非常に大切なものであり、一番興味のあるものという事も深く心に残っています。ここまでポイントを絞った法人対象のお話が聞けるとは、思っていませんでした。退職金作りのポイントも色々なケースから話していけることも良く解りました。在職老齢年金のお話もすぐにアプローチ出来そうです。ぜひ活用させて頂きます。本当にありがとうございました。

●終身保険をターゲットに定期保険を売る。最近、会社では企業に終身を売ろうとしていて、損金商品はすでに終わりの様な事を言っていたので、含み益を作り活用するということが、とても面白かったです。特に終身をくずす定期が。

●保険料の払い方を変えたり、失効を使うだけであんなに色々できるのかと驚きました。企業にアプローチをもっとかけて行きます。まず、投資を回収しなければなりません。がんばります。

●こんなわかり易い法人セミナーは初めてです。丁寧に図を書いていただきながらの説明でしたので、とっても理解できました。あとは、これを使って行動しないと意味が無いので、楽しみながら活用していきます。

●法人の役立つ保険の話の要点が整理できてよかったです。それと保険が保障といった部分だけでなく、資金繰り、節税などにすごく有効なことが理解できて良かったと思います。

●法人開拓に取り組む意欲が再度わいてきました。まだまだ顧客先に話しが出来ていない点も多く、優先順位をつけて取り組んで行きたいと思います。含み益を作りませんか?というフレーズ。


お問い合わせ

無料コンサルティング

リアルタイム

自分をブランド化しよう

メリット
PAGETOP
Copyright © 法人保険営業の教科書 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.