*

「 B/S 」 一覧

増資それとも利益の積み重ね。

Vol.204 増資それとも利益の積み重ね B/Sを前記のものと比較して純資産に変化が合った場合、その内容を確認しましょう。増資による変化だった場合、増資の目的が何であったのかをき

続きを見る

リストラで有利子負債を圧縮。

Vol.203 リストラで有利子負債を圧縮 B/Sを前期と比較した際に、固定負債が減っている場合があります。一般的には負債が減るのは喜ばしいことなのですが、大切なのはその内容をそれ

続きを見る

経営目的は資金調達に表れる。

Vol.202 経営目的は資金調達に表れる 企業が設備投資を行う場合には借入や資金調達を行うので、固定負債の長期借入金や社債が増えます。設備投資は企業にとって経営上の大きな意思決定

続きを見る

前受金は新ビジネスの始まり。

Vol.201 前受金は新ビジネスの始まり 前受金と未払金の増減は常に注意しておく必要があります。これらのお金が増減した場合には、どのようなお金なのかを明らかにする必要があります。

続きを見る

短期借入金から経営課題が見つかる。

Vol.200 短期借入金から経営課題が見つかる 一般的に売上債権(売掛金・受取手形)や商品の在庫が増えてくると運転資金のニーズが出てきます。売上が伸びるとともに、運転資金

続きを見る

流動負債は売上と買掛金のバランス。

Vol.199 流動負債は売上と買掛金のバランス B/Sの買入債務と言われている支払手形と買掛金が増えることがあります。そのような際には次のようなことが考えられます。 ・売上

続きを見る

投資等その他資産が増えるとビジネスチャンス。

Vol.198 投資その他資産が増えるとビジネスチャンス 固定資産の中でも「投資等その他資産」に変化が見えたならば、そこにはビジネスチャンスが隠れています。というのは、M&Aや大き

続きを見る

固定資産が減ったら危険信号。

Vol.197 固定資産が減ったら危険信号 固定資産が減った場合、経営が苦しくなり会社の機械設備などを売却して現金化することが多いのが特徴です。それ以外には、借入金の返済のために持

続きを見る

経営の変化は固定資産に表れる。

Vol.196 経営の変化は固定資産に表れる 設備投資を新たに行ったり、設備を売却するなどの経営上の変化は、固定資産に大きく表れます。このような場合も単に設備投資をした、設備を売却

続きを見る

未収金と前払金の意図を探る。

Vol.195 未収金と前払金でチャンスを探る 流動資産の中でもややこしい項目の中に未収金と前払金というものがあります。この2つは経営上の非常に重要な意味を持ちますので、しっかりと

続きを見る

読者登録
読者登録はここをクリック

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • pinterest
  •   
  • tumblr
  •   
  • instagram
何を言うかよりも、誰が語るか。

Vol.209 何を言うかよりも、誰が語るか あな

お客さまが満足すること。

Vol.208 お客さまが満足すること ビジネスを

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的に

ターゲットを考える。

Vol.206 ターゲットを考える 売れる仕組みを

売れる仕組み。

Vol.205 売れる仕組み マーケティングって何

→もっと見る

PAGE TOP ↑