*

人は好きなことには熱中できる!

人と同じことをしていたら成長しない!とか
勝つためには人と違うことをしよう!

という言葉が以前から一人歩きしています。
でも何をすればいいの?って思っている人も
きっと多いのではないでしょうか?

私の答えは、自分の好きなことを極める!

この一言に尽きるのです。
だって、好きなことじゃないと続かないでしょう?

そう思いませんか???



好きなことには熱中できるんです!

自分の好きなことをしている時って、時間が経つのも
早いし、長時間やっていても苦にならないでしょう?

むしろ、好きなことをずっとやっていたいと思っている
かも知れませんよね。

つまり、第二の仕事を自分の好きなことに設定して
自分をブランド化
してしまうのです。

保険営業でいうと、保険業法という厄介な法律があるので、
それに抵触しないように注意は必要なのですが・・・

自分は○○○が好きなんですーーー!!!

と宣言するのは何ら問題はありません。



実は、個性が無いと選ばれないんです!


保険営業をしている方に多い自己紹介は、

●私は、□□生命の△△と申します。

●私は、□□代理店の△△と申します。弊社では生保20社・損保10社
の取扱いがあり、お客様のオーダーメイドの保険設計が出来ます。

●私は、□□生命のファイナンシャルプランナーの△△と申します。
お客様のライフプランを懇切丁寧に設計致します。


というようなものが大半なのです。
あくまで私と名刺交換をした保険営業マンですが・・・

これって会社や資格の宣伝なんです。
言われた方は、そーなんだ!
という程度のリアクションしかありません。

その理由は・・・

その営業マンの個性が見えてこないので、共感できないのです。



個を出す


●私はサッカーが大好きで、ワールドカップ期間中は仕事を休んで、
開催地まで応援に駆けつけるほど熱狂しています。

●私は写真を撮るのが趣味で、休みになれば一眼レフを片手に、
いろいろな場所に写真を撮りに行っています。

●私は旅行が大好きで、毎月どこかに旅行に行っています。
特に海外旅行が大好きで、中でも△△地域の国に魅了されています。
いまでもその周辺国には良く行きます。


という個人像が見えてこないと、相手は共感できないのです。
サッカーや写真や旅行だけではありません。

女性の方ならば、

・○○流の生け花の師範ですとか、
・書道の有段者で書道家ですとか
・ピアノを引くのが大好きで、毎月コンサートを開催していますとか、
・バレエを子供の頃からやっていて、毎年発表会があります。

というような第二の個人像が必要になって来ます。

●サッカー狂の保険営業マン
●写真家の保険営業マン
●生け花の師範である保険営業マン
●書道の有段者である保険営業マン


このような肩書きができれば、従来の単なる保険営業マンに
個性が加わり、相手は共感しやすくなります。


そのためには、仕事とプライベートや趣味との境界線を
崩壊
させましょう!(笑)

そして自分の大好きなことを全面に出して、
自分をブランディング
しましょう。

これが共感を生む第一歩です。
共感されれば、相手に知られやすくなります。
相手に知られると、周りに広がりやすくなります。

モノが売れないのは知られていないからです。
モノが売れるためには、自分のことを知ってもらう必要があります。





The following two tabs change content below.
宮田和裕

宮田和裕

代表取締役 経営コンサルタント株式会社リサージュ
絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡

関連記事

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的にビジネスはお客さまの困り事を解

記事を読む

2015年はこれが売上を2倍にしてくれる?

もしあなたが保険営業として・・・ 有益な情報を提供して、クラアントの売上アップに貢献したい。 良

記事を読む

営業の際には、奥様のことをわかってあげよう!

個人を対象とした営業、法人を対象とした営業に関係なく、営業に行った際に、 奥様が主導権を握っている

記事を読む

内部要素と外部環境を見極めよう!

2012年12月26日に第二次安倍内閣が発足して、 デフレからの脱却が少しづつ進んで来ているように

記事を読む

モノを買うときの行動を考えよう!

経営者や事業主、営業担当者は日々営業活動をしている と思います。 そこで質問です。

記事を読む

ムーブメントの起こし方

何かが起爆剤になって情報が拡散したり、 商品が流行したりするってことがありますよね。 俗

記事を読む

呼びかけられたら、お客様は反応しちゃうんです!

ココ数年、安倍総理と黒田総裁の緩和策のおかげもあって、 以前は少しでも他店より安くという価格競争ば

記事を読む

売れる仕組み。

Vol.205 売れる仕組み マーケティングって何だろう。マーケティングとは「◯

記事を読む

同じことを繰り返すと同じ結果になる!

保険営業に携わる人は、保険会社に入社すると、 紹介をもらいなさい!って教わります。 最初

記事を読む

営業は、知ってもらうこと!

みなさんは営業という言葉に対してどのどうなイメージを持ってますか。 売り込みがきつい・しつこい・説

記事を読む

読者登録
読者登録はここをクリック

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • pinterest
  •   
  • tumblr
  •   
  • instagram
何を言うかよりも、誰が語るか。

Vol.209 何を言うかよりも、誰が語るか あな

お客さまが満足すること。

Vol.208 お客さまが満足すること ビジネスを

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的に

ターゲットを考える。

Vol.206 ターゲットを考える 売れる仕組みを

売れる仕組み。

Vol.205 売れる仕組み マーケティングって何

→もっと見る

PAGE TOP ↑