*

モテるために必要なことは・・・

「モテるためにはどうすればいいですか?」
という質問を受けたとしましょう?

あなたならばどのように答えますか?

おそらくは・・・

たくさんの異性と会って話をすること!

と答えるのではないでしょうか?
シンプルな回答ですが、実に的を得ています。



営業の本質はモテルこと!

営業の本質もこれとまったく同じだと思います。
モテルことなんです!

嫌いな人からモノを買わないでしょう???

人から好かれたりモテたりすると、
営業成績もアップするのです。

異性にモテル行動と営業活動は同じなので、
恋愛だと思って行動すると奏功する場合も多いです。

営業のターゲットを誰に絞るかによって営業の手法は
違って来るのですが、女性をターゲットにする場合の
営業は・・・

女性をターゲットにしている女性下着メーカーのトップ営業マンに
秘訣を教えてもらいました。

日々の課題としてやっていることは、
女性ファッション誌を読み続けることだそうです。

女性ファッション誌はターゲットとする年齢が違うと
構成もかなり違っているのです。

下着は年齢に関係なく必要なものなので、幅広い年代向けの
女性ファッション誌を定期購読しているらしい。

女性ファッション誌を読むことで、
2つの効果を見込めるのです。


●おしゃれ感覚が研ぎ澄まされる
●女性心理が理解できるようになる


1つ目のおしゃれ感覚が研ぎ澄まされるというのは、
ファッションに興味を持つようになることです。

彼曰く、これからモテたいと思っている人は一般的には
イケテ無いグループに入っているとのこと。

イケテ無いグループに入っていてはモテない。
若ければ年齢でカバーできるのだけれど、
ある程度の年齢になると、年齢ではカバーしきれなくなる。

実際問題として、女性ファッション誌を読んだところで、
オシャレな服を着こなすことができるようになる訳ではありません。

ある程度は外見を気にするようになるレベルに到達する程度だけど、
この外見を気にするようになるというレベルに行くことが
重要なんです。



おしゃれはリバウンドしない!

女性ファッション誌を読み続けることで、
意識が変わるというのが1番の目的なのだとか。

意識が変われば行動も変わります。
知り合いの女性に服を選んでもらったり、
専門家にファッションをコーディネイトしてもらうなどして、
このようなことがきっかけで、オシャレに変身する
ことができのです。


ここまで来ると、ダイエットのようなリバウンドは
ほとんど無いらしい。

ファッション


2つめの効果は、1つめの効果よりもはるかに重要である。
女性の気持ちがわかる!ということなんです。

男性誌と比べれば歴然ですが、女性ファッション誌の
写真の配置は雑多、感覚的なイメージを誘発する言葉が並んでいます。


女性ファッション誌を読み続けることで、女性が好むものが
わかるという嗅覚が養われます。

何も真剣に最後まで丁寧に読み込む必要はありません。
見出しと小見出しを斜め読みする程度で充分でしょう。
興味があるところだけ読む程度で良いのです。



女性ファッション誌はビジネスに応用できる!

女性ファッション紙をビジネスにどのように応用するのでしょうか?
やり方はすごくシンプルです。

注意して見なければならないのは、女性誌の見出し、小見出です。
この見出し、小見出しは立ち読みの時や電車の中吊り広告などで
キャッチコピーの役割を果たしています。

キャッチコピー良ければ売れるし、悪ければ売れない。
だから、女性ファッション誌のキャッチコピーは相当なまでに
力を入れて考えられています。それを利用しない手はありません。


見出し、小見出しをあなたの商品・サービスに置き換えてみましょう。
それだけであなたのビジネスの新しいキャッチコピーやコンセプトを
発想する一助になりますよ。

すべてがうまく利用できるわけではないけれど、
アイデアがたくさん生まれるのは事実。



売り込まなくても売れる!

男性誌というのは一般的には、所有欲に訴え、商品を買え!
といった構成になっている。

しかし、女性ファッション誌の構成は全く違うのです。

女性ファッション誌


女性ファッション誌は対比構造を暗に示すことで購入意欲を高める
という手法を使っています。

どちらのコミュニティに属したいかを読者に選択させる
という手法です。

ソーシャルメディア全盛の今の時代においては、
男性に対してもこのアプローチは有効だと思う。

この対比させる方法は、売り込まなくても売れる手法なんです。





The following two tabs change content below.
宮田和裕

宮田和裕

代表取締役 経営コンサルタント株式会社リサージュ
絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡

関連記事

お客さまが満足すること。

Vol.208 お客さまが満足すること ビジネスをする上で、お客さまが満足するの

記事を読む

お客様の心理と集客の全体構造1

Vol.19 お客様の心理と集客の全体構造 前回は・・・ 忘れてはいけな

記事を読む

言葉には力がある!見込み客の心に響く3つのテクニック

保険営業をしている方は、見込み客にメールをしたり、ニュースレターを 送ったりして、日々の営業活動を

記事を読む

見込み客を増やすには、ソーシャルで発信するんです!

見込み客を新規開拓しなければ・・・ いつになっても見込み客開拓は必要ですね。 けれども、

記事を読む

ムーブメントの起こし方

何かが起爆剤になって情報が拡散したり、 商品が流行したりするってことがありますよね。 俗

記事を読む

WEB集客で効果が出にくいこと

Vol.13 WEB集客で効果が出にくいこと 前回は・・・ WEB

記事を読む

モノを買う理由を追及してみよう!

人は毎日の生活で消費行動を行っています。 生活に必要なモノを買う場合もありますが、 今すぐ生活に

記事を読む

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的にビジネスはお客さまの困り事を解

記事を読む

ドメインパワーの影響とは

Vol.14 ドメインパワーの影響とは 前回は・・・ WEB集客で

記事を読む

内部要素と外部環境を見極めよう!

2012年12月26日に第二次安倍内閣が発足して、 デフレからの脱却が少しづつ進んで来ているように

記事を読む

読者登録
読者登録はここをクリック

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • pinterest
  •   
  • tumblr
  •   
  • instagram
何を言うかよりも、誰が語るか。

Vol.209 何を言うかよりも、誰が語るか あな

お客さまが満足すること。

Vol.208 お客さまが満足すること ビジネスを

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的に

ターゲットを考える。

Vol.206 ターゲットを考える 売れる仕組みを

売れる仕組み。

Vol.205 売れる仕組み マーケティングって何

→もっと見る

PAGE TOP ↑