*

意識されないと、知られない!

みなさんには、行きつけのカフェがありますか?
どのくらいの頻度で行ってますか?

私も札幌に行きつけのカフェがあるのですが、
先日まで、お店の正確な名前を知りませんでした(^^;)

心無しか、自分が情けなくなってきますね。



サッポロ珈琲館


ここのカフェにはもう100回以上も来ているのに、
たった今まで、正確なお店の名前を知りませんでした。

看板などは何度も目にしているのに・・・

少なくとも100回は来店しているのに・・・

意識しないと目に入らないのですね(^^;)

お客様に知られてないと、商品は売れない!


言い訳のようですが、お店がレンガ作りで看板があまり
目立っていなかった。

私もいつものお店だからということで、変な安心感があり、
お店の名前を覚えようと意識しなかった。

お店が珈琲店ということと、お店のある場所を覚えておけば
それで十分だった。

他人から珈琲店について聞かれることも、紹介することも
今まではなかった。

というように、思い返してみれば、お店の名前を覚えてなかった
理由はいくつか思い浮かびます。

逆の立場に立つと、お店側としてはお客様にその存在を知って
もらわなければならない
のですよね。

保険営業を行う場合も全く同じですよね。

お客様に自社のことを知ってもらうために、しなければならないことが
見えて来たような気がします。

ひょっとしたら、こんな感じで大きなチャンスを逃している
のかも知れません。

ビジネスチャンスであると気付きもせずに・・・





The following two tabs change content below.
宮田和裕

宮田和裕

代表取締役 経営コンサルタント株式会社リサージュ
絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡

関連記事

言葉には力がある!見込み客の心に響く3つのテクニック

保険営業をしている方は、見込み客にメールをしたり、ニュースレターを 送ったりして、日々の営業活動を

記事を読む

ミッションとビジョンの影響は大きい!

みなさんはお店で商品を買う時には、何を基準に判断しますか? 商品の品質、価格、お店までの距離etc

記事を読む

呼びかけられたら、お客様は反応しちゃうんです!

ココ数年、安倍総理と黒田総裁の緩和策のおかげもあって、 以前は少しでも他店より安くという価格競争ば

記事を読む

新規顧客よりも、既存客の方が大切なんです!

新規顧客を開拓しないと売上げが伸びないということで、 新規獲得とばかりに一生懸命になっている会社が

記事を読む

小さな会社やお店が、絶対にしてはいけないことは・・・

日銀の黒田総裁が主張した「2年間で物価上昇2%」の主張をエコノミスト達は 嘲笑していたが、黒田総裁

記事を読む

ペンギンアップデート3.0が、ついにやって来た!

日頃からWEBサイトのSEO対策をされている方は、 すでにご存知だと思います。 そーなん

記事を読む

モノを買うときの行動を考えよう!

経営者や事業主、営業担当者は日々営業活動をしている と思います。 そこで質問です。

記事を読む

ブログ移転しました

ブログ移転しました。 よろしくお願いします。

記事を読む

良いサイトの意味は、人や目的によって違うんです!

みなさんは、日常の会話で良いサイトを作ろうってことを 自然と口にしていると思います。 俗

記事を読む

動画を組込んで検索順位を上げる

Vol.17 動画を組込んで検索順位を上げる 前回は・・・ 検索結果1位

記事を読む

読者登録
読者登録はここをクリック

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • pinterest
  •   
  • tumblr
  •   
  • instagram
何を言うかよりも、誰が語るか。

Vol.209 何を言うかよりも、誰が語るか あな

お客さまが満足すること。

Vol.208 お客さまが満足すること ビジネスを

お客さまが困っていること。

Vol.207 お客さまが困っていること 本来的に

ターゲットを考える。

Vol.206 ターゲットを考える 売れる仕組みを

売れる仕組み。

Vol.205 売れる仕組み マーケティングって何

→もっと見る

PAGE TOP ↑