法人保険営業で「顧問税理士の反対」などに巻き込まれること無く最速で効果を出す方法と戦略とは?

スーパードクター

  • HOME »
  • スーパードクター

スーパードクター列伝

スーパードクターが患者に希望を与える!

医療現場・生死が分かれる緊迫した場面、生命に関する人々の関心は高まっています。そんな生死を分ける現場で日々奮闘しているのが、卓越した技術と、強い信念を持つスーパードクター。

医療現場で活躍するスーパードクターに密着し、彼らは様々な病気にどのように対峙するのか? その知られざる現場をお伝えします。さらには『明日からすぐに役立つ!』有益な知識を提供します。

肝臓がんのエキスパート


 東京医科大学茨城医療センター
 医学博士 消化器外科 下田貢 准教授





最高のカウンセリング環境

茨城県稲敷郡の東京医科大学茨城医療センター消化器外科
の下田貢准教授は「このように治療して欲しい、手術して
欲しい」という患者さんの意思を最大限に尊重して、ITも
駆使して「患者さんを絶対に生かして帰す」を使命に掲げ、
最高水準の肝臓がんの医療を提供する。

茨城県稲敷郡阿見町中央3丁目、つくばエクスプレスの
「つくば駅」から車で20分のところに東京医大茨城医療
センターがある。隣には茨城大学農学部の広大なキャン
パスが広がっていて、自然豊かな緑に囲まれた雰囲気の
中に、大学や研究所のような赤レンガのアカデミックな外観、エントランスには複数の救急車やタクシーが乗り入れるには充分なスペースがある。

そのエントランスを一歩中に入ると、そこは薬局の待合室とお会計の広々としたスペース、その横には各診療科案内のドクターの顔写真が掲げられていて、重厚さが漂っている。

時間をかけて患者さんとじっくりと向き合う

 肝臓がんの手術は、切除し過ぎてても、切除しなさ過ぎて
 も良くない。最適な切除具合が存在すると下田貢准教授は
 断言する。その最適具合を見極めるのに必要なのは、患者
 さんとのカウンセリングとITを駆使した医療機器である。
 「真剣に肝臓がんのことを考えておられる患者さんの
 ために、最善の医療を提供させていただきます」
 と、下田貢准教授。他の医療機関とは一線を画した、
 こだわりの治療術を提供する准教授だ。


患者さんの真の満足を徹底追究する

患者さんからは治療方法の要望だけでなく、家族構成や日常の生活改善なども聞き出し、治療や手術の方法を決定する。このようなカウンセリングには下田貢准教授が1〜2時間じっくりと時間をかけて1人の患者さんのカウンセリングに当たる。


キーワードはIT教育と医療の融合

今の医療ではITの活用が不可欠になっている。特に情報
科学の分野においてはその傾向が顕著だ。予測不能な
良い結果が出て来るのがITの最大の魅力である。
術前の予測を遥かに超越する手術の良い結果が出てくる
場合がある。

IT導入の効果としては、経験に裏付けされた、ベテラン
ドクターが執刀する際の最適な切除領域をコンピューター
が自動的に導き出すことができる。

そんな時には、コンピューターが人間に近づいていることを実感する。そのような瞬間が必ずある。コンピューターは今後は間違いなく「より良い人間活動の羅針盤」になる。そのような医療に役立つ技術を開発するのが工学者の役割である。


肝臓がんのゴッドハンドが執刀

取材映像

東京医科大学茨城医療センターへのアクセス





お問い合わせ

無料コンサルティング

リアルタイム

自分をブランド化しよう

メリット
PAGETOP
Copyright © 法人保険営業の教科書 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.