法人保険営業で「顧問税理士の反対」などに巻き込まれること無く最速で効果を出す方法と戦略とは?

法人リースの知識

  • HOME »
  • 法人リースの知識
法人リース

※このページの後半にあるレジュメは、画像をクリックすると全て見ることができます。

リースとは

賃貸借取引は4種類ある


リース1


リースとは広い意味での賃貸借取引のことで、リース期間中に物件価額
の全額をリース料として支払うファイナンスリース
と、リース期間終了時の
リース物件の残価を見込んだ上で、物件価額から残価をあらかじめ控除して
リース料を算出するオペレーティングリース
があります。

リース2


リース会計基準

リース4


オペレーティングリース

以下に記載のあるファイナンスリースに該当しないリースは
すべてオペレーティングリースになります。
簡単に言えば、ファイナンスリース以外はオペレーティングリースと思って
いただいて大丈夫です。
オペレーティングリースは例外なく賃貸借契約になります。
大雑把に、毎月支払うリース料がすべて経費になるというイメージを
持っていただければ良いと思います。

ファイナンスリース

ファイナンスリースはオペレーティングとは違い結構ややこしいです。
詳細までを理解するのには時間がかかります。

リース料が資産や負債に計上されたり、オペレーティングリースと
同じように経費になったりします。会社がリース料の損金算入を狙って
節税のために使うのは、例外なくオペレーティングリース
です。

以上の理由で、ファイナンスリースに関してはあまり深い理解までは
必要ないと思われます。

借手側は、通常の売買取引に係る方法に準じて会計処理を行います。
リース物件とこれに係る債務をリース資産・リース債務として
計上することになります。
<所有権移転ファイナンス・リース取引>(図:売買処理1)

リース資産は、借手側の自己所有固定資産と同様の減価償却をする
ことになります。
ただし、個々のリース資産に重要性が乏しいと認められる場合は、
オペレーティング・リース取引の会計処理に準じて賃貸借処理
行うことができます。
<所有権移転外ファイナンス・リース取引>(図:売買処理2)

借手側のリース資産は、リース期間定額法などにより減価償却する
ことになります。
ただし、個々のリース資産に重要性が乏しいと認められる場合は、
オペレーティング・リース取引の会計処理に準じて賃貸借処理
行うことができます。

ファイナンス・リース取引と判定される場合でも、以下の表の3つの
いずれかに該当するリース取引については、借手は賃貸借処理
することができます。
所有権移転ファイナンス・リース取引においては、
(1)を適用することはできません。


1 事業内容に照らして重要性が乏しく、1契約のリース料総額(維持管理費用を除く)が
  300万円以下のリース取引
2 リース期間が1年以内のリース取引
3 自社で購入した場合に、購入時に費用処理するような、少額資産のリース取引


リース3


簡潔に言うと、オペレーティングリースは損金算入できるが、ファイナンスリースは資産や
負債に計上される。(※ファイナンスリースも条件を満たせば、損金算入できる場合がある)
中小企業の経営者にはバランスシートの負債にリース負債が計上されるのを嫌がる方も多い。
オペレーティングリースは節税効果が大きい。




オペレーティングリースによる節税

航空機リースのスキーム

1 匿名組合が法人から出資を募ります
2 出資金と金融機関からの借入で、匿名組合は航空機等を購入します
3 購入した航空機等を航空会社に貸し出します(リースします)
4 リース収入とリース期間終了後の売却益が、匿名組合の収益となります
5 航空機等の原価償却費、金融機関への支払利息が、匿名組合の費用(損金)となります
6 出資者は、匿名組合の損益の分配を受けます


航空機リース1


航空機等の減価償却費と金融機関への支払い利息が、損金となります。
減価償却費は初年度大きく、徐々に少なくなる定率法で償却することによって、
初年度に大きな損金を作ることが出来るので、節税効果が大きくなります。

航空機リース2




良いカーリースと普通のカーリース

航空機リースというと高額すぎて一般的でない面もあります。
そこで法人保険営業の方が手軽に活用できるカーリースを
考えたいと思います。

もう一度以下の表をご覧になってください。
航空機のところをと読み替えてください。

航空機リース2


車のリースでもオペレーティングリースにすれば、十分な節税効果が得られるのです。
一番のポイントは最後の部分のリース物件の売却益というところです。

カーリースをしたことのある方はご存知だと思いますが、普通のカーリースは
リース期間満了後はリース車を返却してそれで終わりなのです。

返却された車は・・・

ディーラーの中古車センターで販売されています(笑)
ディーラーが「リース」「中古車販売」で二重に儲けています。
これっておかしいと思いませんか?

当然ですが、上の表のように売却益など払われていません。

もしも、カーリース期間終了後に中古車を売却して、
売却益が契約者である会社に戻ってくるカーリースがあれば・・・

これって、良いカーリースでは無いでしょうか?

現状は大半のカーリースでは、売却益はディーラーの儲けになっています。
個人的には一部の手数料を引いて契約者に売却益を返還するべき
だと思います。

契約者も売却益が戻ってくるとわかれば、
少しでも高く売れるように日頃から丁寧な運転を心がけますよね。

ということで・・・

弊社ではリース終了後の売却益が戻ってくるカーリースの
仕組み
を作りました。リース期間中は通常のカーリースと何ら
変わりません。違うのは、リース終了後に売却益が戻ってくる
という点です。

ご興味のある方はお問い合わせください。

メールフォーム1




売掛債権ファクタリングと動産担保融資

売掛債権ファクタリングのスキーム

1 売掛債権についてお客さまと当社で債権譲渡契約を締結します。
2 第三者対抗要件を具備するため、債権譲渡通知書(承諾書)を確定日付にて取得後
  販売先に送付(通知)します。
3 当社が譲渡を受けた売掛債権について、お客さまへ期日前にお支払いします。
4 売掛金の期日に売掛金を販売先からリース会社が回収します。


リース5




ファクタリングと動産担保融資

法人保険営業マンは「ファクタリング」「動産担保融資」について
知っておくべきなんです。

ファクタリングというのは、簡単に言えば「売掛金を資金化」すること
なのです。

売掛金が現金になるには時間がかかります。
それを少しでも早くして資金繰りを良くしたいというのが経営者の本音
なのです。

ファクタリングをするにはいくつかの問題もあります。

●債権者と債務者の合意契約が必要
●ファクタリング会社へと支払口座の変更が必要
●手数料がかかる
●債務者が優良企業でないとファクタリングしにくい
●資金繰りが厳しいとの不安を持たれる可能性がある


そこでファクタリングの欠点を補完する目的で動産担保融資が使われる
ことがあります。
動産担保融資と広く言っていますが、売掛債権担保融資なのです。

簡単に言うと、売掛債権を担保とした運転資金を目的とした
資金調達の方法
です。

●債務者に知らせなくても良い
●支払口座の変更不要
●手数料不要
●債務者が優良企業でなくても良い
●売掛債権の60%程度まで


ファクタリングよりもかなり柔軟になってきています。
この売掛債権担保融資をお勉強すると面白いですよ。
いろいろな商品がでていますから♪



法人リース ロゴ 
  法人リースの知識



法人リース






お問い合わせ

無料コンサルティング

リアルタイム

自分をブランド化しよう

メリット
PAGETOP
Copyright © 法人保険営業の教科書 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.