良い面と悪い面を把握する必要性!

バブルの余韻が残っていた20代の頃には
良く夜のお店に出入りしていました(笑)

転勤が多かったこともあって、ススキノ、国分町、銀座、
北新地、中洲など全国の繁華街は一通り制覇しました!



日本の景気回復は本物だろうか?

アベノミクス効果もあって、デフレから脱却しつつある
日本の景気は本格的に良くなってくるのでしょうか?

北新地


先日、久しぶりに誘われて夜のお店に行って来ました。
目的は市場調査です!仕事なんです(笑)

お店で、今はどのような業界の方が見えるのですか?
という市場調査をしました。

最近は不動産関係や建築関係の方が多いそうです。
アベノミクスの第二の矢である財政支出が奏功して
来てるのでしょうか?

今は景気が良くても、継続して景気が良くならないと
お金が循環しないので、日本の景気も良くならないです。



どんな商品でも、売れる売り方があるんです!

今のモノが溢れている時代に商品を売るのは、非常に
難しくなって来ています。

ちょっとした発想を変えることによって、売上はかなり
変わって来ます。


お店のスタッフが来店客に説明すると、売り込みに感じる
場合がありますが、POPなどの紙媒体で飾り付けると、
有益な情報提供になることがあります。

以前に読んだ雑誌によると、洋服屋さんでマネキンに
服を着せて「デートのモテコーディネート」というPOPを付けて、
スタッフが説明をするのを辞めたら、売上が約3倍になった!

と書いてありました。

スタッフが説明すると売り込みに感じてしまうのですね。
これは人の本能だから仕方がない面もあります。

今は少子化なので、教育業界の塾などは授業料の
ダンピング合戦
をやっています。明るい展望がなさそう
なのですが・・・

同じ教育業界でも、公務員や士業などの資格を取るための
ビジネススクールでは売上が右肩上がり
だそうです。

つまり、教育業界をひとまとめにするのではなく、
きちんと良い面と悪い面を見定める選択眼が必要に
なります。

保険業界でも同じです。
人口も減っているし、企業の給与水準も低いままだし、
法人税は減税されて節税効果は薄くなってくるし、
保険会社は毎年のように保険販売の手数料を下げるし・・・

悪い面は簡単にたくさん見つけられます。

でも良い面だってあるハズです。

それを見つけて、そこに一点集中すべきです。
あなたは保険のどこをターゲットにして一点集中しますか?





ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡