内部要素と外部環境を見極めよう!

2012年12月26日に第二次安倍内閣が発足して、
デフレからの脱却が少しづつ進んで来ているように感じます。

安倍内閣が発足して、為替も80円程度から110円目前
まで円安が進んできました。

人というのはわがままな生き物で、円高のときは円高是正と
声をあげ、円安になってくると円安も行き過ぎると経済に
悪影響が出る!

って言い出すのですから・・・



実は、日本にとって円安は有利なんです!

以下に日本国の対外資産・対外負債を示す貸借対照表を
掲載致します。※日本銀行のHPより引用

バランスシート


簡単に数字を見て行きますと、平成25年度末の段階では、
対外資産が797兆円、対外負債が472兆円、そこから計算すると
対外純資産が325兆円となります。


経済用語を使うと解りにくいので、大まかに言うと・・・
日本国が他国に貸しているお金が797兆円で、
他国から借りているお金がが472兆円なんです。
これを精算すると、諸外国から325兆円返してもらえる
という事になります。

もちろん他国は外貨で返済してくるので、日本国にとっては
円安になっている方が、返済してもらえる額は多くなるので、
大雑把に言えば円安の方が有利なのです。

少し補足しておきますと、新聞紙上などで「借金大国ニッポン」
などという見出しが出ています。日本って借金大国じゃなかったの?
と思われるかもしれませんが・・・

日本は上記の通り対外純資産325兆円の世界一のお金持ち国
なんですーーー!!!

では、1000兆円を超える日本の借金という報道は
ウソなの???

って思われる方のために・・・

以下に平成26年度予算案の政府の歳入と歳出の円グラフと一般に
借金と言われる「国債・借入金・政府保障債務」の表を掲載します。
※財務省のHPより引用

歳入
歳出

政府の借金1
政府の借金2

確かに1000兆円を超えていますね(汗)
でも、これって日本国がした借金ではなく政府がした
借金なんですよね。

正確にに言えば、日本国は世界一のお金持ち国だけれど、
日本の政府は1000兆円の債務者
なんです!
日本国と日本政府を分けて考えないとダメですね。



ここからが本題なんですが・・・

えらく長い前振りですよね(汗)



保険営業をされている方も、会社を経営されている方も、
経営したり営業をする上で避けて通れないのが、
自社の内部要因と外部環境なんです。

社内での商品開発や営業戦略という内部の要素は
当然あるでしょうし、今の日本や世界がどうなっているのか
という外部環境も絶対に無視できないのです。



内部要因と外部環境はどちらを優先させるの?

ここでちょっと考えてみて下さい。
内部要因と外部環境を考慮する時に、どちらを優先させる
べきなのか?どちらを先に考えないと行けないのでしょうか?

一般に外部環境というのは、政治・経済・社会・技術という
4つのことを指す場合が多いです。

保険営業に置き換えると、安倍政権の目指す方向、為替や金利の動向、
毎年の税制改正、相続や事業承継に関する民法や信託法の改正、
ネット保険会社などの進出、保険会社が販売コミッションを下げてくる、
保険代理店の業務委託制度廃止と雇用必須の問題
などが外部要因に
当たりますね。

内部要素というのは、自社の強みと弱みと考えて下さい。

保険営業だと、自分が得意とするマーケットと苦手な営業手法
が内部要素になると思います。

あなたはどちらを優先して考慮しますか?

答えは、必ず外部環境を優先して考えて下さい。

その理由は・・・

経営というのは環境適応が求められます。
つまり環境適応ビジネスと言っても良いでしょう。

イオン


先日、ダイエーがイオンに買収されて、近い将来に
ダイエーという名前が無くなるというニュースがありました。

ダイエーと言えば、「主婦の店」から出発して事業を拡大していったのだが、
その主婦にソッポを向かれてしまったのでしょうね。
ダイエーとイオン、セブンアンドアイホールディングスが明暗を
分けたのは、外部環境を見誤ったことなのでしょう。



同じような事例が富士フィルムとコダックにも言えると思います。
どちらもカメラのフィルムでは技術力の高い会社でした。

富士フィルム


一方はフィルムに固執して、もう一方はデジタルカメラの登場
という外部環境に適応できた。この外部環境への適応力が、
過去最高益を計上した企業と風前の灯火となっている企業という
明暗を分けたのでしょう。


つまり、外部環境に対応できないと、自社の強みが強みで
なくなってしまいます。


結果、自社の強みを発揮できずに撤退を余儀なくされる
事態になりかねません。

自社の強みを全面に出して勝負するには、外部環境を見極める
必要性
を常に意識しておくことが重要です。





ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡