最初はランチかお茶に誘おう!

ビジネスでの出会いは名刺交換から始まります。
どこで名刺交換をするのかということにもよりますが・・・

交流会などで名刺交換をして打ち解けた場合、いきなり相手の
会社に訪問する方も多いと思います。

個人的にはいきなり会社に訪問するのは嫌なんです!
あくまでも私の勝手な考えですが・・・

相手の会社に行くと、いきなり商談を開始する必要性に
迫られるのです(汗)

ということは、関係性ができていない相手にいきなり
売り込みに行くようなものだと、私は思っています。

これって、売れない確率が非常に高いのです。
交流会で名刺交換をして、相手から会社に来ても良いという許可を
もらっていても、いきなり相手の会社に行くことはほとんどありません。



関係性を作ることを優先するんです!

では、どうするの?
私の場合、最初はランチに行くことが多いです。

ランチ


相手がよほど忙しくなければ、ランチの約束を取り付ける
ことは可能だし、かなり敷居が低いと思います。
だから実現可能性が高いんです(笑)

それに接触回数が多くなれば、それだけ仲良くなれるし
信頼度も徐々にアップしてきます。
これは肌で感じることができます。

ランチで盛り上がれば、次は飲みに行ったりして、
さらに相手との距離を縮めることが可能になります。

最初にランチを選択するのは、接触回数を増やすだけが
目的ではありません。




実は、ランチにはリスク軽減効果もあるんです!


次に、相手の立場になって考えてみましょう。

いきなり会社に来られて商談をされると「Yes or No」の
回答を求められる。


Noという回答だった場合は、せっかくの人脈がそこで切れて
しまう可能性だってあります。

それに比べてランチは気が楽なんです。
商談をするわけではなく、交流を楽しむことができます。

たとえ話が盛り上がらなくても、1時間程度で切り上げられる
というのは、相手にとってかなりハードルが低いのです。

「この後、アポイントが入っているから」というひと言で
切り上げられるのです。

相手からしても、かなり断りやすいのです。

人は仲良くなった相手からモノを買うという本能があるので、
仲良くなれなかったら商品は売れません。
商談で断られても、ランチで盛り上がらなかっても、
結果はあまり変わらないと思っています。

相手が簡単に行動できるレベルにまでリスク・不安・心配
などのハードルを下げてあげることが重要です。


是非、実践して見て下さい。





ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡