短期借入金から経営課題が見つかる。

Vol.200
短期借入金から経営課題が見つかる


一般的に売上債権(売掛金・受取手形)や商品の在庫が増えてくると運転資金のニーズが出てきます。売上が伸びるとともに、運転資金が必要になってきますので、資金調達ができなければ事業を継続するのが難しくなります。

突き詰めると、売上は伸びるけれども資金調達の必要性が無い状態が経営上は非常に好ましい状態になります。そのためには売上債権(売掛金・受取手形)の回収を早める必要があります。取引先の見直しや新規開拓などが経営課題になります。この点でお役に立てると非常に重宝されます。

資金調達の必要性が出る最悪のケースは、。赤字のために経営が苦しくなって運転資金の不足を借入金でなんとかしのいでいる状態です。例えば設備投資を行う際に借入をした長期借入金を売上金で返済できない場合、、長期借入金を返済するとともに短期借入金が増えていくという悪循環に陥ります。

つまり売上高と借入金のバランスが非常に大切になります。



ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡