経営目的は資金調達に表れる。

Vol.202
経営目的は資金調達に表れる


企業が設備投資を行う場合には借入や資金調達を行うので、固定負債の長期借入金や社債が増えます。設備投資は企業にとって経営上の大きな意思決定なので、その目的を確認することが大切になります。

設備投資の目的が機械導入による長期的なコストダウンを狙っているのか、生産を強化しようとしているのか、新規ビジネスに着手するのかということをヒアリングする必要があります。

また、資金の借入期間や社債の償還期間を確認することで、設備投資額を回収できる事業計画を立案してるハズなので、営業協力などの支援をするなど提案できることは非常に多くあります。

設備投資に目を向けると、さらなる運転資金調達のニーズ、機械などの保険ニーズ、従業員のケガに対する保険ニーズなども出てきます。

これらのニーズを察知して提案することが大切になります。



ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡