増資それとも利益の積み重ね。

Vol.204
増資それとも利益の積み重ね


B/Sを前記のものと比較して純資産に変化が合った場合、その内容を確認しましょう。増資による変化だった場合、増資の目的が何であったのかをきちんと確認しましょう。

設備投資を行うための資金調達なのか、自己資本比率を高めるためなのか、合併や提携によるものなのかを確認する必要があります。資本金が変化することはそうそうありませんので、そのような時は大きなビジネスチャンスになります。

逆に減資の場合は、ビジネスの縮小や財務体質を改善する目的がほとんどで、経営再建としての減資が多いのが特徴です。

純資産の変化が資本剰余金の場合は、増資に伴って資本金を積み増した事によるものです。そして、純資産の変化が利益剰余金の場合は、当期純利益が増えた、積立金の積み増し、役員賞与の支払い、配当金の支払い、利益準備金の積み増しなどが考えられます。

純資産の変化が自己株式の変化だった場合には、ROEの改善による株主対策として、自社株の取得や自社株の消却をを行ったことが考えられます。特に自社株数の変化はには注意しておきましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡