売れる仕組み。

Vol.205
売れる仕組み


マーケティングって何だろう。マーケティングとは「◯◯◯」ですよ。もしもあなたならば、この◯の中にどんな言葉が入りますか。

マーケティングには諸説はありますが、私が思うマーケティングというのは「すでに顕在化しているニーズを需要に変えて、売れる仕組みを作ること」になります。注意してほしいのは、売るのではなくて売れるという点です。

理想は何もセールスをしなくても、自然と売れる状態になることです。

マーケティングの理想は販売を不要にすることである
                  P.F.ドラッカー

そのために大切なのは、お客さまを知ること商品やサービスのコンテンツを磨くことになります。

お客さまを知るということは、お客さまの顕在化しているニーズを解ることになります。つまり、お客さまが今、どのようなことに不満を持っているのか、どんなことで悩んでいるのか、何を解決したいと思っているのかということを理解することです。

よく陥る間違い >> スペックを語る

お客さまの顕在化しているニーズを理解しようともしないで、 「この商品は◯◯な点が優れています」 「こんな成分が入っているから体に良いです」 「こんなこだわりの材料を使っています!」 などと商品やサービスがもたらす効果をお客さまにご案内するまえに、商品やサービスのスペックや性能の良さをアピールしてしまうのです。

いくらスペックや性能の良さを熱く語っても、お客さまはそれに反応してくれません。お客さまが知りたいのは、スペックや性能の良さではなくて、「その商品やサービスを買うと、私がどうなるの?」 「私に何かいいことがあるの?」 「私はどんな風に素敵になれるの?」ということです。

お客さまの「私がどのように変わるの?」に対する答えが無かったり、伝わらなかったらこちらの説明に耳を傾けてくれません。お客さまの立場に立って、このことを伝えなければなりません。

お客さまに商品やサービスを伝える時は、意識的に「これを使えば◯◯◯になります」ということを盛り込みましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

宮田和裕

絶景スポット・お祭り・野球観戦が好きであちこちを彷徨い出かけます。目を離すとすぐにいなくなるらしい(^^;) しか~し、お年寄りの徘徊ではありません!人生は楽しくないとダメ。アイデンティティはやわらかい頭で考えて、笑えば全てOK(≧∇≦) キラッと光る「独自の強み」を前面に出した楽しいコンサルティングで心身ともに元気にする! 周りの人に「幸せの実感」と「心の健康」を届ける!をモットーに奮闘しています♬ 楽しい人生の「幸せストーリー」を創ろう! 「おもろい・楽しい・笑い」はビジネスには必須です(^o^)  寝るときは横向きですが、気持ちは前向きです♡♡