伝える力を磨きたい方へ

「自分の想いをわかりやすく伝える力」
磨きませんか?

保険の営業をしていて、
「こんなにいい保険なのに、どうして良さが伝わらないんだろう?」
って思った経験はありませんか?

人とのコミュニケーションで、
「どうしてあの人は、私のことをわかってくれないんだろう?」
って思った経験はありませんか?

そのようなことが一気に解決して、保険の価値をスッと理解してもらえたらいいですよね。また、相手から理解されたらうれしいですよね。

なぜうまく伝わらないのか?
〜その理由は、3つあります〜

自分が伝えたいことが、相手にしっかりと伝わるには、

●伝えるべき内容を整理して伝える
●相手がわかる言葉に置き換えて伝える
●相手が関心を持ってくれるように伝える

この3つが必要になります。

伝え方とは科学です。
うまく伝えるやり方を磨きませんか?

相手にわかるように伝えるために必要なことが3つあります。1つ目は先に結論・要点・ポイントを伝えること。2つ目は「なぜそうなのか」という理由を伝えること。3つ目は「なぜそうなのか」を補足するための具体例を示すことです。この3つが揃うと格段にわかりやすく伝わるようになり、相手の理解も深まります。

うまく伝わるための条件とは?
〜ポイントは、3つあります〜

自分が伝えたいことが、相手にしっかりと伝わるには、

●伝えるべき内容の数を絞ること。(3つ以内に)
●フレームに当てはめて伝えること。(フレームワークの勧め)
●相手がそれを再現できるように行動で伝えること。

この3つが必要になります。

PAGE TOP